本/言葉/人生 本の名言

才能とは何なのか?【才能の科学】の名言/格言|人と組織の可能性を解放し飛躍的に成長させる方法

今回はマシューサイドさんの著書「才能の科学」の名言/格言です。この記事では、才能とは何か、どのように育てられるのかについての洞察や知見を提供しています。科学的なアプローチを通じて、才能の本質や発揮方法について深く探求し、人生を豊かにするためのヒントを示しています。才能は人それぞれ異なりますが、自分自身の才能を知り、伸ばすことでより充実した人生を送ることができます。この記事の名言や格言は、自分の才能を見つける手助けや、それを活かすためのモチベーションを高めるためのヒントを提供してくれます。

人生を豊かにするためには、自分自身をより深く知ることが重要です。この記事の名言や格言の力を借りながら、自己探求の旅に出て、自分の才能を発見し、活かすための道を切り拓いてください。才能の科学に触れながら、人生をより豊かにするための短い名言や言葉の力を感じ取り、自分自身の成長と幸福につなげてください。

【世界的ベストセラー『失敗の科学』『多様性の科学』著者の原点! 】
ビジネス・学問・スポーツ・芸術……
「才能がない」と諦める前に。人の能力は後天的に伸ばせる!

オックスフォード大学主席卒業、オリンピックにも2度出場した一流アスリートが数多の科学的研究と考察に基づいて導き出した、人と組織の成長の法則。

・なぜ鈍い反射神経の持ち主が地球最速の選手になれたのか?
・なぜ平凡なレジ係が「人間計算機」との暗算勝負に勝てたのか?
・なぜ能力の高い人だけを採用した大企業は崩壊したのか?

加速習得・目的性訓練・フィードバックループ・成長マインドセット・二重思考・知覚の構造変化……
傑出した成果を出すために「生まれつきの才能」より重要なものとは?

ベストセラ-作家マシュー・サイドの処女作『非才! 』、待望の復刊。

【目次】
第1部 才能という幻想
・第1章 成功の隠れた条件
自伝バイアス/能力主義の幻想/才能ってなんだろう?/才能は過大評価されている/鈍い反射神経の持ち主が最速の選手になれたわけ/知識は力なり
・第2章 「奇跡の子」という神話
音楽の神童、スポーツの神童/可能性を解き放たれた三姉妹/人間計算機
・第3章 傑出への道
意味のある練習、意味のない練習/加速習得/トレーニングシステムの闘い/脳の変化/イノベーションの構造/フィードバックループ/ゴルフに学ぶ/目的性訓練は何にでも適用できる/ゼロサムゲーム
・第4章 神秘の火花と人生を変えるマインドセット
神秘の火花/関連づけがモチベーションを生む/成長の気がまえ、固定した気がまえ/知性をほめると成績を損なう/傑出性の拠点/企業における才能至上主義の末路/物置小屋

第2部 パフォーマンスの心理学
・第5章 プラシーボ効果
信条の力/気力でのり切る/プラシーボとしての宗教?/スポーツにおけるプラシーボ効果/不合理な楽観主義/二重思考/哲学的結論
・第6章 「あがり」のメカニズムとその回避法
シドニーの屈辱/人生を変える場面の致命的な呪い/脳システムの遷移を妨げるもの/熟練者だけがあがる能力を持っている/二重思考ふたたび
・第7章 儀式の効果、そして目標達成後に憂鬱になる理由
勝負前の儀式に効果はあるか/アンチクライマックス

第3部 能力にまつわる考察
・第8章 知覚の構造はつくり変わる
錯覚と現実/熟練者は透視眼を持っている/不注意による見落とし/死の見落とし
・第9章 ドーピング、遺伝子改良、そして人類の将来
ハイジ・クリーガーの身に起きたこと/禁止するかしないか?/遺伝子改良/またしてもゼロサムゲーム/クリーガーが迎えた幸せな結末
・第10章 黒人はすぐれた走者か?
稲妻(ライトニング・ボルト)/誤った一般化/遺伝的多様性/スポーツ界のインディ・ジョーンズ/遺伝子でなければ……何なの?/短距離走はどうだろう?/「黒人」のスポーツ成功の意義/ステレオタイプの脅威

 

人生を豊かにするために、自分をもっと知るための短い名言/言葉の力 <才能の科学 編>

才能の科学 の名言/格言

才能の科学の名言

もし私以外の十分な数の若者に、8歳で卓球台を与え、練習相手となる傑出した兄を与え、トップクラスのコーチの訓練を受けさせ、唯一の24時間クラブに参加させ、10代前半までに何千時間も練習を積ませていたら、私はチャンピオンにはなれなかっただろう。

 

才能の科学の名言

逆境にも負けずに成功するほとんどのあらゆる男女は、よく見れば珍しい状況の恩恵をこうむっている。

 

才能の科学の名言

王様の前に立つ人々は、全て自力で成し遂げたように見えるかもしれない。だが実は、ひとり残らず隠れた有利性や驚異的な機会や文化的遺産から恩恵を受けているのだ。




才能の科学の名言

20歳になるまでに、最高のバイオリニストたちは平均1万時間の練習を積んでいた。これは良いバイオリニスト達より2000時間も多く、音楽教師になりたいバイオリニスト達より6000時間も多い。

 

才能の科学の名言

チェス名人たちが盤上の駒の位置を見るときには、単語に相当するものを見ている。長年にわたりチェスをやってきた経験から、パターンをチャンキングして、そう数の多くない視覚的な固定点に還元してしまうのだ。

 

才能の科学の名言

チェスの言語が乱されて駒がランダムに置かれたら、チェス名人たちも我々と同じように、無意味な文字の羅列を見ているだけになってしまう。

 

才能の科学の名言

見るところを間違えてますね。最高のテニス選手はリターンの時には、サーブがどこに来るか、相手の胴や腰を見て視覚的なヒントを拾おうとします。

 

才能の科学の名言

医療でも消火活動でも軍指揮官等々でも、予想外の要因に基づいて意思決定をしているわけではなかった。彼らはそもそも洗濯などしていないようだった。

 

才能の科学の名言

その時の状況をちょっと考えて、代替案など一切検討せず、パッと決断してしまうのだ。自分が実際に行った行動をどういう理由で撮ったのか、説明すらできない人もいた。

 

才能の科学の名言

いかなるエキスパートシステムにとっても、一番重要な要素は知識です。汎用の推論手法に優れたプログラム中には数学論理の力を持つものさえあります。でも、その領域に固有の知識が劣るものは、どんな仕事でもエキスパートには程遠いのです。

 

才能の科学の名言

良い意思決定には、経験から得られたパターンの意味を解読し、大量の情報を圧縮せねばならない。これは教室では教えられない。生まれつきのものでもない。実際に生きて学ばなくてはならない。言い換えると、練習を通じてこそ実現できることなのだ。

 

才能の科学の名言

組み合わせの爆発のせいだ。チェスほど簡単なゲームですら、限数は急激に増えて、どんな機械でも計算しきれないほどになる。 

 

才能の科学の名言

ごく早期に発達が見受けられるのは、子供が両親やコーチのためではなく、みずから時間をつぎ込む気になった場合のみです。 

 

才能の科学の名言

人体に並外れた負担を与えると、DNAの様々な休眠遺伝子が発現して、特別な生理的プロセスが活性化される。



↓↓よろしければ応援お願いします!↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

よく読まれている記事

1

楽天モバイル、ahamo、LINEMOと様々なキャリアを使ってきました。世間的には格安スマホと一括りにしてしまいがちです ...

2

今回は【30代と40代、人生に飽きた人に送る】名言/言葉です。人生に飽きたと思うのは異常ではありません。きっと真剣に「生 ...

3

今回は「漫画/アニメ」の名言/格言です。「漫画やアニメばかり見てないで、本を読みなさい」なんて子供の頃には言われたもんで ...

4

今回は「心が楽になるほっとする言葉」です。無性に心が疲れた時、生きているのがしんどくなることってありませんか?具体的な何 ...

5

カスタマーサクセスは『激務』『辛い』『大変』なんて言われていますが、実際のところどうなんでしょうか?「顧客の成功を支援す ...

6

思わずクスッとしてしまう【頭に残る面白い】短い名言/一言|人生を豊かにするために、自分をもっと知るための言葉 私が本や日 ...

-本/言葉/人生, 本の名言
-