人生の名言 偉人の名言 本/言葉/人生 本の名言

悩みの根幹はどの時代も同じ【その悩み哲学者がすでに答えを出しています】の名言/格言|人生を豊かにするために、自分をもっと知るための短い名言/言葉の力

今回は「その悩み哲学者がすでに答えを出しています 」の名言/格言です。この記事では、悩みや苦悩は時代や文化によらず、人間の共通の経験であることを指摘しています。さまざまな時代の哲学者たちが人間の苦悩や困難について深く考え、その答えや教えを残してきたことが紹介されています。古代ギリシャの哲学者たち(ソクラテス、プラトン、アリストテレスなど)や東洋の思想家(仏教、儒教、道教など)の名言や格言を踏まえながら、悩みの本質や解決策について考察しています。

悩みや苦悩は時代や社会の変化に関わらず、人間の基本的な存在の一部であることが分かります。また、哲学者たちが提供してきた叡智や教えを通じて、自分自身や自身の悩みを理解し、克服するための示唆を得ることができるでしょう。人生を豊かにするためには、自分自身や自身の悩みを深く知り、それに対して叡智や哲学を活用することが重要です。この記事は、そのための短い名言や言葉の力を通じて、あなたの人生に新たな視点や気づきをもたらすことでしょう。

 

「将来が不安」「お金がほしい」「死ぬのが怖い」
これらの現代人の悩みははるか昔から私たちを苦しめていた人類共通の悩みです。

であるならば、哲学者や思想家と呼ばれる、思考そのものを生業とする人たちが、これらの悩みに答えを出しているはずです。

平易な言葉で哲学を学べて、あなたの悩みが解決します。

■仕事
「将来、食べていけるか不安」⇒アリストテレスが答えを出しています。
「忙しい。時間がない」⇒アンリ・ベルクソンが答えを出しています。
「お金持ちになりたい」⇒マックス・ウェーバーが答えを出しています。
「やりたいことはあるが、行動に移す勇気がない」⇒ルネ・デカルトが答えを出しています。
「会社を辞めたいが辞められない」⇒ジル・ドゥルーズが答えを出しています。

■自意識・劣等感
「緊張してしまう」⇒ゴータマ・シッダールタ(ブッダ)が答えを出しています。
「自分の顔が醜い」⇒ジャン= ポール・サルトルが答えを出しています。
「思い出したくない過去をフラッシュバックする」⇒フリードリヒ・ニーチェが答えを出しています。
「自分を他人と比べて落ちこんでしまう」⇒ミハイ・チクセントミハイが答えを出しています。
「他人から認められたい。チヤホヤされたい」⇒ジャック・ラカンが答えを出しています。
「ダイエットが続かない」⇒ ジョン・スチュアート・ミルが答えを出しています。
「常に漠然とした不安に襲われている」⇒トマス・ホッブズが答えを出しています。
「人の目が気になる」⇒ミシェル・フーコーが答えを出しています。

■人間関係
「友人から下に見られている」⇒アルフレッド・アドラーが答えを出しています。
「嫌いな上司がいる。上司とうまくいっていない」⇒バールーフ・デ・スピノザが答えを出しています。
「家族が憎い」⇒ハンナ・アーレントが答えを出しています。

■恋愛・結婚
「恋人や妻(夫)とけんかが絶えない」⇒ゲオルク・W・F・ヘーゲルが答えを出しています。
「不倫がやめられない」⇒イマヌエル・カントと親鸞が答えを出しています。
「大切な人を失った」⇒ジークムント・フロイトが答えを出しています。

■人生
「やりたいことがない。毎日が楽しくない」⇒道元が答えを出しています。
「人生の選択に迫られている」⇒ダニエル・カーネマンが答えを出しています。
「夜、孤独を感じる」⇒アルトゥール・ショーペンハウアーが答えを出しています。

■死・病気
「死ぬのが怖い」⇒ソクラテスが答えを出しています。
「人生がつらい」⇒マルティン・ハイデガーが答えを出しています。
「重い病気にかかっている」⇒ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが答えを出しています。

 

人生を豊かにするために、自分をもっと知るための短い名言/言葉の力 <その悩み哲学者がすでに答えを出しています 編>

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言/格言

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

私たち人間はこの世界に無意味に、受動的に投げ出されており、「自由の状態から解放」してはもらえないのです。これがサルトルのいう「人間は自由の刑に処されている」ということの意味です。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

「対自存在」とは、持って生まれたものなんてどうでもいい。これからなろうとするもの、だけどもまだなっていない、慣れていないものになりうるということだけが重要なのだ、ということです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

これが永劫回帰の思想です。不幸な体験がなければ、いい思い出もないわけで、両方があるから人生は辛く、そして楽しい。その振れ幅の大きい人生をこそ愛し、楽しめというわけです

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

将来の目的や計画をいったん忘れ、今この瞬間のやりたいこと、やるべきことに熱中せよ

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

やるだけやったら、次があるのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

閉鎖的で息苦しく見える職場環境も、実は考えようではそこからいくらでも逃げ出すことのできる、やりようのある隙間に満ちた希望の場所だと、気がつくのではないでしょうか。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

原因によって生じたものごとは、すべていつか消えてなくなる

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

その本番が終わってしまえばい、やがて何事もなかったかのように消滅するもので、結局は過ぎ去る無常のものと気づく。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

うまくいってもいかなくても、とにかく全ての物事は過ぎ去っていくと思えればもっと楽にいくはずなのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

世界が無常とわかっているなら、この世の中で実体視できるものは何一つなく、あらゆることがより集まっては流れ去る現象であると気づく。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

瞑想することは悩む人から、悩みを観察する人になることにほかなりません。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

人生を振り返った時に、辛い記憶は今を生きる私たちに懐かしい潤いを与え、またこれから頑張ってやろうと思えるガソリンになったりするのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

相手が自分に優越感を感じているとしたら、それもまた「優越コンプレックス」と言って、同じ劣等感情の裏返しであるということです。

created by Rinker
¥733 (2024/05/22 18:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

自分の優秀さや恵まれていること、その逆に自分は優秀でないとか、どれぐらい劣っているか、どれほど恵まれていないかを決めつけ、自分を卑下している点で、どちらもコンプレックス=劣等感であることに変わりない。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

SNSという装置は「今自分はこんなに素敵な暮らしをしているから見て」「こんな面白いことを考えているから認めて」と言った欲求を最大限刺激するように設計されており、即時的なレスポンスによってそのゲームの勝敗が決定づけられます。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

「認められたい」欲求が刹那的に満たされても、すぐさまその欠乏に悩むという悪循環に陥りがちです。SNSは承認欲求を健全に充足させてくる場所であるとは言えません。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

ラカンによれば、「大文字の他者」に認められないことには、人は真に承認欲求を満たすことができないのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

功利主義とは「生み出される幸福の量が増大する行動こそ正しく、苦痛の量が増大する行動は間違っている」と考える哲学です。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

人は2つの快楽が目の前にある時、「質」の高い方を選ぶというのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

人間の感情において最も根源的なのは恐怖であり、不安であると。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

パノプティコンこそ、近代以降の人々を支配する権力のあり方の象徴であり、「見えない他者」を気にして自分の行動を束縛する現代人の生き方のモデルである。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

今世の中を支配している常識や「空気」、周囲の目線が、どのような根拠に基づいているものなのか、歴史的な視点から疑うこと。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

「これは誰の課題なのか?」という視点から、どこまでが自分の課題で、どこからが他者の課題なのかを冷静に見極め、線引きをする。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

下に見られること自体が問題なのではなく、下に見られることを自分の課題であるかのように気にしてしまうこと、他人の課題が自分の課題であるかのように錯覚してしまうことが問題なのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

人は自分に価値があると思う時にだけ、対人関係の中に入っていく勇気を持てる

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

課題の分離ができている心理状態とは、「自分ができることは努力すべきだが、どうにもできないことはどうにかしようとしない」ということです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

「傾向性」になすがままにされる世界にぞくするだけでなくて、その因果を引いてみることで、因果のサイクルの外に立てるような、超越した世界に族してもいる、理性的な存在であるのだと。 

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

本当の道徳法則とは、「全ての人がそれをやったら、世の中がめちゃくちゃにならないかどうか」という判断基準に照らして行動せよ、ということです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

人間の業を許容しようとする親鸞の仏教は、この体験で得たインスピレーションに始まると言われています。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

己の困り果てるほどの欲深さこそ、親鸞の哲学的テーマでした。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

老いた親鸞、悟りに近づいていようとも、悟り澄ますことがありません。未だに自分は愛欲に溺れ、見栄やお金に執着していることを告白しています。この姿こそ、親鸞仏教哲学では「究極の悟り」といえるものです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

自力で修行し悟りをひらこうとする「善人」よりも煩悩を断ち切れず、悟りをひらくこともできない「悪人」こそが、阿弥陀如来の導きによって救われる本命であるということです。 



 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

自分のはからいでなんとかできると思っているうちは「善人」。自力でできることなど、ごく限られており、自力で変わろうとする努力は苦しく虚しい。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

深く諦めて初めて、親鸞の思想で重要な「他力」を真剣に欲するようになります。「他力」とは自分は何一つ解決できない、と己の罪深きを見つめ抜き、自分の無力を悟って阿弥陀仏の導く正解に、煩悩深いみのままゆだねることです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

自分でコントロールしようとしてできるものなどなく、全ては関係の網の目中で、原因が集まっては結果が生じ、原因がなくなれば、結果もばらけて消滅していく世界のことです。執着すべき永遠のものなど何一つなく、一切はなるようにしかならない。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

世界が「空」であり「縁起」であるという真実は、自力を断念し、肩の力が抜けた心理状態の方が、近づきやすく感じ取りやすい状態にあるのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

愛する人を失った者は、現実を吟味することで、愛する人がもはや存在しないことを確認する。そこでその者は、失われた対象との結びつきから、全てのリビドー解き放つべきであると認識する。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

最悪の状況の中でも、人間は希望の糸を紡ぐ力を持っており、悲嘆の中にこそ、生に向かって回復する力がある。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

座禅に打ち込むことや高僧の言葉や仏典を学ぶことを修行とばかり思い込んでいたが、果たして本当にそうなのだろうか。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

今なすべきことを無心に行う姿を見て、実は全てのことが修行であり、悟りに至る道なのではないだろうかと。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

老いた典座のひたむきな姿が教えてくれるのは、「何かに役立てるという考え方をやめる」ことであり、「今ここ、この私に徹する」ことなのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

仏道の目指す「自己とは何か」を本当の意味で理解することです。それは自分を何かと定義するようなことではありません。実は、自分を「忘れる」ことなのだと道元は説きます。そのために手を動かす雑務というのは、手が触れたものと一体になることで自分を忘れることができる。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

掃除すること。炊事すること。トイレに行くこと。歯を磨くこと。これら日常茶飯事は座禅と同じ効果(自分を忘れること)を、より取っ付きやすいかたちでもたらすことになるのです。

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

人間は利益についてはより確実な選択肢を選ぶ傾向にあり、損失についてはリスクを取ってギャンブル的な選択肢を選ぶ傾向がある。 

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

利益と損失が同額出会った場合、同じ額の利益を得る喜びよりも損失は2.25倍苦しみを強く感じるというデータが得られます。 

 

その悩み哲学者がすでに答えを出しています の名言

自分で物事を決めてしまうと、その決断をひきずってしまい、その決断にその後の人生がとらわれてしまう傾向があるということです。 



 

↓↓よろしければ応援お願いします!↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

よく読まれている記事

1

楽天モバイル、ahamo、LINEMOと様々なキャリアを使ってきました。世間的には格安スマホと一括りにしてしまいがちです ...

2

今回は【30代と40代、人生に飽きた人に送る】名言/言葉です。人生に飽きたと思うのは異常ではありません。きっと真剣に「生 ...

3

今回は「漫画/アニメ」の名言/格言です。「漫画やアニメばかり見てないで、本を読みなさい」なんて子供の頃には言われたもんで ...

4

今回は「心が楽になるほっとする言葉」です。無性に心が疲れた時、生きているのがしんどくなることってありませんか?具体的な何 ...

5

カスタマーサクセスは『激務』『辛い』『大変』なんて言われていますが、実際のところどうなんでしょうか?「顧客の成功を支援す ...

6

「だが情熱はある」はここから始まった【若林正恭(オードリー)】の名言/格言|人生を豊かにするために、自分をもっと知るため ...

-人生の名言, 偉人の名言, 本/言葉/人生, 本の名言
-, ,