人間関係の名言 有名人/芸人の名言 本/言葉/人生 面白い名言

「あちこちオードリー」を含む最近の【若林正恭(オードリー)】の名言/格言④|人生を豊かにするために、自分をもっと知るための短い名言/言葉の力

 

今回は「オードリー 若林正恭さん」の名言パート4です。「あちこちオードリー」は根強いファンが多いですよね。若林さんの一番自然体が見られるテレビ番組だと思います。だからこそ時々出る魂の叫び。そんなのも見ていきましょう

若林正恭 をAmazonで調べる

 

本や生活から見つけたここだけの短い名言<オードリー 若林正恭編④>

オードリー若林正恭【ナナメの夕暮れ】での名言

ナナメの夕暮れでの名言

若い頃は服がダサいと、本当にダサくなっちゃうけど、おじさんがダサいとなんだか楽しい。今は楽しいですよ

この言葉の意味が最近少しずつわかるようになってきました。本当に言葉にしにくいんですが、ダサさはダサさでなんだか楽しくなるんです。

 

 

ナナメの夕暮れでの名言

10背伸びすることは、10卑下することと、等身大の自分から10離れているという点で、同義だ。

アドラー心理学でいう「優劣コンプレックス」「劣等コンプレックス」のようにコトバや見た目は正反対に見えても、中身はほぼ同じってのは、人間社会ではよくあることです。自分の感情が本当に願うものなのかは自分に問う必要があるのかもしれません。

created by Rinker
¥750 (2024/05/22 15:27:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

ナナメの夕暮れでの名言

ほんとうに人を愛するということは、『その人が一人でいても、生きていけるようにしてあげる』ことだ。

「愛があるから」と言い子供にいろいろなものを買い与える人がいますよね。でもそれって本当に愛なんでしょうか。私にはそれは自分の自己満足のように映ります。魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えてあげる。自分がいなくなってその子が人生を見失わないようにすること。これほど大変なことはそうありませんが、愛するというのはそれほど大変なことなのかもしれません。

若林正恭 をAmazonで調べる

 

 

ナナメの夕暮れでの名言

人として大切なのは『演じないで生きること』それだと思う。

会社・友人・家族・学校・・・
いろんな側面があり、それぞれに見せる顔がある。それぞれで自分を演じすぎると、自分がわからなくなるし、自分が見えなくなってくる。どれだけ辛くても大変でも、本当の自分と向き合わないといつか他人の人生を生きてしまうのかもしれませんね。

created by Rinker
KADOKAWA
¥704 (2024/05/23 00:14:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

ナナメの夕暮れでの名言

8年前のエッセイ1回目に「趣味なんていらない」ということを書いているんですよ。仕事があればと。でも8年間の終わりには「趣味がないと生きていけない」って書いてある。言っていることが全然違うじゃないかという。

どんな人間でも8年も経てば、考え方も変わります。8年前を振り返れば、恥ずかしい気持ちにもなりますが、今の思想を形成する上での基礎となるその時の自分を肯定することも次に進むための重要なステップなのかもしれませんね。

 

 

ナナメの夕暮れでの名言

40歳になるので、いろいろ諦めることが多いんですよね。30歳ぐらいからテレビの仕事をいただくようになって、テレビの世界でも芸人の世界でもとんでもない天才にいろいろ会いますから。それで「諦める」とか「諦念」という文字をタイトルに使いたいなとずっと思っていて

まだまだ諦めきれていないんですが、前向きに諦めるそれの格好よさはなんとなくわかります。いつそこにたどり着けるかなぁ・・。

若林正恭 をAmazonで調べる

 

 

ナナメの夕暮れでの名言

みんな明日、仕事あるのかなと思っちゃうじゃないですか。でもキューバでおじさんがずっと話しているのを見ていると、気が合う人とただくだらない話をしているのが、けっこう人生のピラミッドでも上のほうのことなんだと思ったんです。

人が亡くなる直前に求めるものが、案外日常にあるものだったりすることとか。なんか僕らが「幸せ」だと思っているもの、思わされているものは全然上の方にはないのかもしれませんね。

 

オードリー若林正恭【あちこちオードリー】での名言

あちこちオードリーでの名言

いるんですよ、セカンドの7番っていう役割が世の中にはあって、そいつはセカンドで守備めちゃくちゃ上手いんです。でも、守備が上手いって褒める人がいない、ただ、エラーしたらめちゃ叩かれる

俺はね、その役回りをねやっぱコンプレックスだし、コンプレックスだったけど、腹括ってる、セカンド7番で死んでいく。

人生でもそう。会社でもそう。守備の上手い地味な人間って褒められないんです。そこにいるのが当たり前だし、エラーにならないのが普通だから。でも、そんな自分の特性を変えることなんてできないんですよ。いくら変えてもそれは上辺だけ。多分腹くくって自分の特性を受け入れて、いつかそれを肯定できる強い人間になる。そうできた時、人生はもう少し楽しくなるんじゃないのかな、と。

 

あちこちオードリーでの名言(伊集院光さん)

自分が時間を忘れてやってしまうようなことに少しの社会性を持たせると、この商売は食っていける

 

あちこちオードリーでの名言(伊集院光さん)

あまり好きではないことを『ここは層が薄いから』と頑張ってモノにするのも、わかる人にだけにわかればいいという態度も違う。自分が熱中できることに説明力をつけ、一般の人がわかることに寄せたら、それだけで食べていける

 

あちこちオードリーでの名言(アンミカさん)

人生どうせ死ぬのが終着点やったら生きてる間なんか全部中途半端やねんから

 

あちこちオードリーでの名言(アンミカさん)

死ぬときが人生の終着点と思ったときに、そこって全部過程やんか、そしたらその過程で完璧を求めるのなんて、人間としてもったいない

 

あちこちオードリーでの名言(アンミカさん)

人間って自分が完璧と思った時点で成長が終わって。失敗って《敗するを失くす》って書くから、自分が負け知らずって思った時点で人生終わりなんですよ、傲慢になるから。常にちょっとずつ負けるって大事。小さい敗するがあるから生きる希望になってくというか

 

あちこちオードリーでの名言(春日さん)

勝ちだけを求めるけど、負けていいんですね

 

あちこちオードリーでの名言(アンミカさん)

人が揺らいで揺らいでその揺らぎで自分の器をつくっていくん。急に広げたらヒビが入るやんか、徐々に徐々に、気がついたら大きくなってるから

 

若林正恭 をAmazonで調べる

created by Rinker
¥1,485 (2024/05/22 20:53:07時点 Amazon調べ-詳細)



↓↓よろしければ応援お願いします!↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

よく読まれている記事

1

楽天モバイル、ahamo、LINEMOと様々なキャリアを使ってきました。世間的には格安スマホと一括りにしてしまいがちです ...

2

今回は【30代と40代、人生に飽きた人に送る】名言/言葉です。人生に飽きたと思うのは異常ではありません。きっと真剣に「生 ...

3

今回は「漫画/アニメ」の名言/格言です。「漫画やアニメばかり見てないで、本を読みなさい」なんて子供の頃には言われたもんで ...

4

今回は「心が楽になるほっとする言葉」です。無性に心が疲れた時、生きているのがしんどくなることってありませんか?具体的な何 ...

5

カスタマーサクセスは『激務』『辛い』『大変』なんて言われていますが、実際のところどうなんでしょうか?「顧客の成功を支援す ...

6

「だが情熱はある」はここから始まった【若林正恭(オードリー)】の名言/格言|人生を豊かにするために、自分をもっと知るため ...

-人間関係の名言, 有名人/芸人の名言, 本/言葉/人生, 面白い名言
-, , , , , , ,