人生の名言 感情の名言 本/言葉/人生

【心が楽になるほっとする短い言葉】少し社会に疲れたあなたへ|人生を豊かにするために、自分をもっと知るための短い名言/言葉の力

今回は「心が楽になるほっとする言葉」です。無性に心が疲れた時、生きているのがしんどくなることってありませんか?具体的な何かがなくても時々とんでもない息苦しさを感じることが、私にはあるんです。多分いまの社会は「人」という生物に本質的にフィットした存在ではないと思うんです。だから疲れること、心が苦しくなることがあるのも致し方ないことなんです。でもだからってこの社会から逃れられるわけではない。今を生きるしかない。そんな中でも少しでも心を休めて、健やかに生きられる時間が増えることを願い、「心が元気になる」「心の支えになる」「少しでも元気になる」「不安が落ち着く」そんな要素を持つ言葉を紹介します。心に響いてあっという間に楽になるような魔法の言葉ではないかもしれませんが、ほんの少しでも心が楽になってほっとしてもらえたら嬉しいです。

太く息をつくさま、ため息をつくさまを表わす語。多く、安心したり、緊張などから解放されたときに吐く息のさまを表わす。



目次

人生を豊かにするために、自分をもっと知るための短い名言/言葉の力 <心が楽になるほっとする言葉 編>

ナナメの夕暮れ(若林正恭)の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

若林正恭の名言/格言

自分の正解と誰かの正論は根本的に質が違う

 

若林正恭の名言/格言

理想の自分に追いつこうとしているから今日の自分を生きることはなく、常に未来の理想化された自分をいきている。だから今を楽しく生きられなかったんだ。 

理想の自分に追いつこうとすることは、決して悪いことではありません。むしろ、向上心や目標に向かって努力する姿勢は、とても素晴らしいことです。しかし、理想の自分に追いつくことばかりに意識が向いてしまうと、今を生きることができず、楽しく生きることができなくなってしまうのです。理想の自分に追いつくためには、努力が必要です。そして、努力には時間がかかります。そのため、すぐに理想の自分になれるわけではありません。理想の自分に近づいていく過程で、失敗したり、挫折したりすることも少なくありません。そんなとき、理想の自分に追いつくことばかりに意識が向いていては、失敗や挫折を受け入れることができず、さらに自分を責めてしまうことになってしまいます。そうなると、今を生きることができず、楽しく生きることができなくなってしまうのです。理想の自分に追いつくためには、今を生きるということを忘れてはいけません。今を生きることで、失敗や挫折を受け入れることができ、自分を認めることができるようになります。そして、自分を認めることで、理想の自分に近づくためのモチベーションを維持することができるのです。今を生きるためには、まずは自分のことを認めることが大切です。自分の良いところや悪いところを客観的に見つめ、受け入れましょう。そして、自分のペースで、少しずつ理想の自分に近づいていこうとしましょう。

 

若林正恭の名言/格言

今日の自分は本当の自分じゃない。自分というものはもっと高尚な人間なんだと言い訳をして今日の自分をないがしろにしてきた

 

若林正恭の名言/格言

移動先には予想できない危険があるかもしれないから、移動しないほうがいいと主張するのがネガティブな人間
両者いることにより、より深い議論と結論がその集団にうまれる。つまり移動して繁栄して生きるか。移動しないで長らえるか
その説が正しいとして遺伝子によってネガティヴを担当させられた自分がポジティブに転換できるほど遺伝子は甘くない



若林正恭の名言/格言

自分の生き辛さの原因のほとんどが、他人の否定的な視線への恐怖だった。その視線を殺すには、まず自分が他人への否定的な目線をやめるしかない。

 

若林正恭の名言/格言

誰とでも合う自分じゃないからこそ、本当に心の底から合う人に会えることの喜びと奇跡を深く感じれた

 

若林正恭の名言/格言

天に伸びる錆び付いた梯子を登っている。上には理想の自分がいてなんとか追いつこうとしている。理想の自分は等身大の自分の上昇と共にさらに上昇する。だから追いつかないどころか差はどんどん開く。下を見る。転落したら確実に死ぬ高さだ。常に怯えている、それなのに梯子のたもとを顔も知らない誰かが蹴り続けている。

 

若林正恭の名言/格言

自分の生き方を肯定したいがために立場の弱い人に講釈をたれるようなおじさんにはならないってことだけは、気をつけて生きようかなと思っています。

 

若林正恭の名言/格言

手酌について調べてみると、お酌というのは、男女雇用機会均等法が成立する前の時代、給料は年功序列で男女格差が大きかったらしく、会社の飲み会などの食費は年上の上司が支払うことが通念だったらしい。そこで、申し訳ないので「せめてお酌でも」というのがことの始まり。

 

若林正恭の名言/格言

1回、何年ぶりかに外出許可が出たことがあって、むちゃくちゃうれしそうに本持ってファミレスに行ったんですよ。ファミレスで本読むことってこんなにうれしいことなのかと思ったときに、趣味とか生活にハリがでるものがないとやっぱりキツイなと思って。

 

若林正恭の名言/格言

でも自分も昔は「あいさつってなんの意味があってするんだろう」って思ってたなと。あいさつは村の掟に従う意思がありますよという表明であって、それ以上でもそれ以下でもないと思うから、表面上でもするっていう感じですけどね

 

若林正恭の名言/格言

やってみたら、なんでも面白いなっていう。否定するとやり始めないし、やってる人をディスっていると自分がその立場になれないじゃないですか。それは毎日を合理的に楽しむってことに対して、ちょっと邪魔だなと。狭めちゃうというか。

 

若林正恭の名言/格言

プレゼントって「その人のことが頭のなかにありました」ということの表明なんだって、初めて気づきました



 

若林正恭の名言/格言

梅沢富美男さんがゲストで来てくれたとき、頭に小銭を置いたままケツバットをして、小銭は落とさないって企画があったんです。「やらせてくれますか?」って聞いたら「おう、いいよ。やれよ」って言ってくれて、思いっきりケツバットさせてくれたんですよ。それで「楽しかったよ」って帰っていって。すげーかっこいいなと思って

 

若林正恭の名言/格言

でも「諦念」という言葉を使いたくて。諦めたことで楽になったことが多かったんで。

 

若林正恭の名言/格言

六本木とか表参道って記号的な街なんです。ルックスとかステータスとか、お金持ちかどうかとか。いろんなところからやってきた人が勝手に戦いながらつくった街だから、常に比べ合っているような気がして。

 

若林正恭の名言/格言

記号的な街で戦っている人はだいたい、恵比寿とか目黒とか家賃が高いところに住みませんか?どうして無理して住むんだろうって、ちょっと小馬鹿にしながら地元の友だちと話すとたのしいんですよ。僕は嫌味なやつなので 

 

若林正恭の名言/格言

ベースがないまま、誰が正しい、何が正しいってマウンティングが盛り上がっちゃった。信仰心も薄い国で、考えの芯になるものが未だにないから、生きていていつも大変だと思うんですよ。自分の意志だけを信じて生きていくって、まぁ難しいですからね。 

 

若林正恭の名言/格言

芯となるものはこれだと提示する、意志の力が大事なんだってビジネス書や自己啓発書が売れてますけど、書いているのは『ぶっとんだ人』ですよね。それってごく一部の成功者だからできることで

 

若林正恭の名言/格言

何が正しいとか、優れているとか、そういうことじゃなくて、もっと自由に、素直に自分の好きなことに没頭できる人生が面白いんじゃないかって。そんなふうに、世の中の価値観が変わってくれば楽しくなると思うんですよ

created by Rinker
¥750 (2024/02/28 22:16:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

ご本出しときますねの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

ご本出しときますねの名言/格言

自分にはわからないもので明日救われる誰かがいるかもしれない

私たちが普段当たり前に行っていることに、誰かにとってはかけがえのない価値があることを意味しています。例えば、私たちが毎日食べているご飯は、誰かにとっては生きていくための命の糧です。私たちが毎日通っている道は、誰かにとっては通勤や通学に欠かせない道です。私たちが毎日使っている言葉は、誰かにとってはコミュニケーションの手段です。私たちは、普段当たり前に行っていることに、あまり深く考えていません。しかし、その当たり前のことが、誰かにとっては明日を生きるための希望や力になっているのかもしれません。例えば、ある人が仕事に行き詰まり、自殺を考えているとします。そんなとき、その人がふと目にした、いつも通っている道の景色が、その人を救うきっかけになるかもしれません。その景色が、その人に「生きていく理由がある」ということを思い出させてくれるのです。このように、私たちが普段当たり前に行っていることに、誰かにとっては明日を生きるための価値があることを忘れてはいけません。私たちは、自分の知らないところで、誰かの明日を救うことができるかもしれないのです。この言葉は、私たちに、自分の周りにある当たり前のことに目を向け、感謝する気持ちを忘れないようにと教えてくれます。

 

ご本出しときますねの名言/格言

好きなものって限りがあるから、嫌いなもの興味のないもののなかからしか次の好きなものは生まれない

 

ご本出しときますねの名言/格言

芸が雨、時代が車、ずっと降っていれば、いつか時代が走ってくるから時代にあわせてなにかをするんじゃなくてそのまま降ってろと

 

ご本出しときますねの名言/格言

自分がやりたいと思うことをやってそれが結果として誰かの役に立ったり喜んでもらえたりすればいい

 

ご本出しときますねの名言/格言

一回の失敗でその人の努力を全部なしにすんなよって思う

 

ご本出しときますねの名言/格言

例えば全力で走ったって書いたら全力で走れない人を傷つけているかもしれない
傷つけないのは無理だから、そこに無自覚でいたくない

 

ご本出しときますねの名言/格言

身を削ったものが強いと言う人を信用しない

 

ご本出しときますねの名言/格言

怒ってるってことは自分の大切な何かを乱されかけたってことだとおもう

 

ご本出しときますねの名言/格言

余分なものがなくてそう見られたい部屋の人って、信用できない

created by Rinker
¥1,485 (2024/02/28 03:52:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

お金の話(ひろゆき)の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

ひろゆきの名言/格言

お金で買えるものでは大して人生を変えられない

 

ひろゆきの名言/格言

自分が幸せに感じる為には何が必要か?それに対するコストっていくらなの?ってところで逆算して考える

 

ひろゆきの名言/格言

自分を嫌いにならないで生きるには何が必要なのか 

 

ひろゆきの名言/格言

人はなぜ生きるのかという問いの答えは、死ぬまでにできるだけ楽しく幸せに暮らすため

 

ひろゆきの名言/格言

他の人が知りたいと思っているけど知らないもので、自分が興味があるものは何か?

created by Rinker
¥1,200 (2024/02/28 16:29:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

道は開ける(D.カーネギー)の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

道は開けるの名言/格言

自分の荷物がどんなに重くても、日暮れまでなら誰でも運ぶ事ができる。そしてこれこそが人生の秘訣そのものだ

人生において、大きな目標や夢を抱いても、それを達成するためには、一歩一歩、目の前のことに集中して取り組むことが大切であることを意味しています。私たちは、人生において、さまざまな目標や夢を抱くものです。しかし、その目標や夢を達成するためには、それなりの努力や時間が必要になります。そのため、ついつい目の前のことに集中できずに、先の未来ばかりを考えてしまい、不安や恐怖に駆られることがあります。しかし、この言葉は、そんな私たちに、目の前のことに集中して取り組むことの大切さを教えてくれます。たとえ、目標や夢がどれほど大きく重いものであっても、日暮れまでなら、誰でも運ぶことができるのです。つまり、一日にできることをコツコツと積み重ねていくことで、いつかは目標や夢を達成することができるのです。もちろん、人生においては、必ずしもすべてが上手くいくとは限りません。しかし、それでも、目の前のことに集中して取り組むことで、必ず何かしらの成果を上げることができるはずです。そして、その成果が、私たちの自信や勇気となり、さらに大きな目標や夢に向かって進んでいくための原動力となるのです。

 

道は開けるの名言/格言

私の生涯は、恐ろしい災難に満ち満ちたものに思われたが、その大部分は実際には起こらなかった

 

道は開けるの名言/格言

まず状況を大胆素直に分析し、その失敗の結果起こり得る最悪事態を予測する、やむを得ない場合にはその結果に従う覚悟をすること。最悪の事態を少しでも好転させるように冷静に自分の時間とエネルギーを集中させること。

 

道は開けるの名言/格言

問題を手際よく表現した時には、半分は解決されている 

 

道は開けるの名言/格言

悩んでいる事柄を詳しく書き記す。それについて自分にできることを書き記す。どうするかを決断する。その決断を直ちに実行する。

 

道は開けるの名言/格言

気にする必要もなく、忘れてもよい小言で心を乱してはならない。小言にこだわるには人生はあまりにも短い。

 

道は開けるの名言/格言

全てこの世の病には治す手立てがあるか、なしか。手立てがあるなら見つけよう。手立てがないなら忘れよう。

 

道は開けるの名言/格言

我々が不可抗力に逆らうのをやめると、ある種のエネルギーが放出され、そのおかげでもっと豊かな人生を創造することができる

created by Rinker
¥385 (2024/02/28 06:39:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

私とは何か(平野啓一郎)の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

平野啓一郎の名言/格言

対人関係ごとに見せる複数の顔が全て本当の自分である。

 

平野啓一郎の名言/格言

職業の多様性は元々は社会の必要に応じて生じたもので、色々な個性の人間がいるからそれを生かせるようにと作られたわけではない

 

平野啓一郎の名言/格言

悪い先生とはどの生徒に対しても教師としての職業的な分人だけで接する
どんな生徒に対しても平等というのは同じ顔で接するということではない

 

平野啓一郎の名言/格言

八方美人は分人化の巧みな人ではない。むしろ誰に対しても同じ調子でいけば通じると高を括って、相手ごとの分人化しない人である。 

相手によって接し方を変えることは、円滑なコミュニケーションを図るためには必要です。しかし、八方美人は、誰に対しても同じように接することで、相手に嫌われてしまう可能性があります。八方美人は、相手ごとの分人化をしない、つまり、相手をよく理解せず、自分の都合で接している人なのです。分人化とは、相手とのコミュニケーションを通じて、自分の中で形成されていく、パターンとしての人格のことです。分人化が巧みな人は、相手によって接し方を変えることができ、相手に好印象を与えることができます。例えば、分人化が巧みな人は、相手の性格や価値観、興味関心を理解し、それに合った接し方をすることができます。また、相手の立場に立って考え、相手の気持ちを理解しようとすることができます。このように、分人化が巧みな人は、相手との関係を深め、信頼関係を築くことができます。

 

平野啓一郎の名言/格言

わたしたちの人格そのものが半分は他者のおかげ
あなたと接する相手の分人はあなたの存在によって生じたものである

 

平野啓一郎の名言/格言

好きな分人が一つずつ増えていくなら、私たちはその分自分に肯定的になれる
愛とはその人といるときの自分の分人が好きという状態。他者を経由した自己肯定の状態 

 

波よ聞いてくれ(沙村広明)の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

波よ聞いてくれの名言/格言

人間をカテゴライズする事ほど理解から遠い作業はないと思います 「九州男児は亭主関白」「道産娘は気が強い」「東京もんは冷たい」「B型はクソ」それらの言葉のどこに個々の人格への興味があるでしょうか? 

例えば、「九州男児は亭主関白」という言葉は、九州出身の男性は、亭主関白の傾向があるという偏見に基づいています。しかし、実際は、九州出身の男性の中には、亭主関白ではない人もたくさんいます。また、亭主関白の傾向がある男性は、九州出身に限らず、全国にたくさんいます。このように、特定の地域や血液型の人々を、ある特徴を持つと決めつけることは、偏見や差別につながる可能性があります。また、個々の人格を理解する上で、大きな障害となります。人間を理解するためには、その人の個性や価値観を尊重し、一人ひとりをありのままに受け止めることが大切です。単純なカテゴライズで理解しようとするのではなく、一人ひとりに向き合い、深く理解していくことが、人間理解の第一歩と言えるでしょう。

 

波よ聞いてくれの名言/格言

私は彼の独善的な部分を男系社会だからまーしゃあないかなと放置していました。ラクだったからです。カテゴライズして諦めれば彼の欠点に真摯に向き合わずに済んだからです

 

波よ聞いてくれの名言/格言

琴欧州のブログ見て癒されてください

 

波よ聞いてくれの名言/格言

衿子さん自分を責めないで牛乳より役立つ人間なんてこの世にいませんからね

 

波よ聞いてくれの名言/格言

私は今からお前を殴るッ!無言で殴り続ける!何故なら!腹は立ったが返す言葉がないからだ!!

 

波よ聞いてくれの名言/格言

世の中の事なんて自分の身の回りしかわからないし、皆綱渡りだよ。それを隠すのがキミよりほんの少し上手いだけなんだ。

世の中のことなんて、自分の身の回りしかわかりません。自分が住んでいる地域やコミュニティのことしか知らないのです。そのため、自分の経験や価値観に基づいて、世の中を理解しようとします。しかし、世の中は広く、多様です。自分の経験や価値観だけで、世の中を理解することはできません。また、人は誰でも、自分の弱さや失敗を隠したいと思うものです。そのため、自分の成功や幸せばかりをアピールし、自分の弱さや失敗を隠そうとします。しかし、誰もが自分の身の回りしかわかりませんし、誰もが綱渡りをしているのです。それを隠すのが、あなたよりほんの少し上手いだけなのです。そのため、他人を批判したり、自分を優越感に浸ったりすることは、あまり意味がありません。他人を理解するためには、自分の経験や価値観にとらわれず、他人の立場に立って考えることが大切です。また、自分の弱さや失敗を隠すことなく、ありのままの自分を受け入れることが大切です。

 

波よ聞いてくれの名言/格言

今時ラジオ業界にいる奴らは揃って頑固者だからよ。変わるものより変わらないものが好きなんだよ。人間関係もそう。



 

波よ聞いてくれの名言/格言

普段考えてるけど、他人の反感買うのわかってるから口にしない事って、誰でも一つや二つあると思うのね。

 

波よ聞いてくれの名言/格言

穏やかな生活を自ら捨て険しき道を歩み出す、みたいなストイックなノリについ酔ってしまった。修行僧でもないのに。

 

波よ聞いてくれの名言/格言

私が好きな物語は、ストイックな人、良い人が書いたお話ではない。汚れた水を吸って咲いた花のような物語だ。欲望を醸して生きていこう。

 

幸せになる勇気の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

幸せになる勇気の名言/格言

尊敬とは人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力である

 

幸せになる勇気の名言/格言

我々は過去の出来事によって決定される存在だけではなく、その出来事に対して「どのような意味を与えるか」によって生を決定している。

 

幸せになる勇気の名言/格言

「もしも私がこの人と同じ種類の心と人生を持っていたら?」と考える。同じ年で、同じ仲間を持ち、同じ興味や関心を持っていたら

created by Rinker
¥1,336 (2024/02/28 03:52:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

結果的にヒットしたら「もともと才能があったから」ヒットしたのだと知覚される。結果的にヒットしないと才能がなかったからヒットしなかったと知覚される。

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

未来のヒットが過去に遡って現在のあなたの才能のあるなしを書き換える

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

何度も成功する人というのは「その人のやり方が正しかったから」ではなく、「その人のやり方が正しかったから」だと人々が錯覚するから。

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

私はこの人は成功するともともと思っていたって記憶に書き換えられたら、それと矛盾しないよう「この人は昔から優秀だった」と書き換えられる。

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

自分の状態(ろくな肩書きがない)と現実(偉そうな肩書きに価値あり)に矛盾がある時どちらかを変更して整合をとる

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

シンプルでわかりやすいことをそれが真実であるかのように言い切ってしまえ。断定してしまえ。

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

何かを主張するときは一貫して偏ったストーリーを。自分の人生は徹底的に正しい判断を。

 

人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっているの名言/格言

「一貫して偏った間違った物語」に説得力を感じ、「バランスの取れた総合的に正しい判断」は説得力がなく退屈 



 

仕事は楽しいかねの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

仕事は楽しいかねの名言/格言

人生とは1つのくだらないことが何度も繰り返されていく。

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

人生はそんなに規則正しいものじゃない。規則から外れたところでいろんな教訓を与えてくれる。

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

偉い人にはあたかも彼が偉くないかのように接しなさい。そして偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

君が付き合っている人が何を欲しがっているか日常的に観察しなさい。

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

できることはどんどん変えてごらん。みんなが変えていることに気がつくくらいに何でも変えるんだ。好奇心を旺盛にすること。実験好きだと評判になったらみんなの方からアイデアを持ってきてくれる。

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

適切な時とか完璧な機会なんてものはない。

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

君は最初に陸に上がった魚は長期にわたる目標を持っていたかと思うかね。 

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

新しいアイデアとは新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

〝退屈〟と〝不安〟という双子だ。きみは、この二つは、同時には生じないと思うだろう。だけど、違う。人々は、したくもない仕事をし、同時にそれを失うことを恐れているんだ 

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

僕が伝えたいのは、理想の仕事についてちゃんとした考えを持っていないなら、物足りなさや取り残されたような思いを抱くだろうってことなんだ。

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

〝明日は今日と違う自分になる〟だよ。



 

仕事は楽しいかねの名言/格言

〝遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る〟 

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

会社をどんなふうにまとめあげるかなんて〈重要じゃない〉ということだった。結論はこうだ、『画期的な成功というものは、それに値する仕事がなされようとなされまいと、収めることができる』 

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

優れたクォーターバックを片っ端から研究して、パスの極意を見つけようと思った。結局、どんなことがわかったか。彼らに共通することはただ一つ。それは〝それぞれ違ったふうにボールを投げている〟

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

さらに悪いことには、模範的な人に話を聞くと、彼らは往々にして自分の歩んできた道のりを整然と語って、プロフェッショナルとはかくあるべき、みたいに思わせてしまうんだ 

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

小説を研究しても小説家になれないように、成功を研究しても成功は手に入らないという問題が。みんな、成功した人の右に倣えをしようとするけど 

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

成功するというのはね、右に倣えをしないっていうことなんだ。 こう表現しておこう。ピカソの絵の写真を切り抜いてコピー機にかけても、ピカソにはなれない

 

仕事は楽しいかねの名言/格言

彼らはね、他人を凌駕する人材になろうとしているけど、 それを他人と同じような人間になることで 達成しようとしているんだ。

 

バガボンドの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

バガボンドの名言/格言

殺し合いの螺旋から、俺は降りる 

 

バガボンドの名言/格言

強い人はみな優しい

 

バガボンドの名言/格言

わかりゃせん 。負けを今一度見つめ直さぬうちはの

 

バガボンドの名言/格言

海を泳いでいる最中には 海の広さはわからんよ

 

バガボンドの名言/格言

愚直は美徳ではない

 

バガボンドの名言/格言

どこまでいっても刀は刀。人を斬る為だけにある刃物。刃物として与えられた命を全うしてこそ美しいのですな。そこを忘れるとおかしなことになる。

 

バガボンドの名言/格言

人より強くなろうとして人を斬るために剣をつくった
結果人は自ら強さを遠ざけたのでしょうか?

強さから遠ざかった、、そうだとしたら人は弱さを知る為に剣を作ったのかも知れませんね。
その人をつくったのは天でしょうから

 

バガボンドの名言/格言

弱さを経ていない強さはないでしょう。

 

バガボンドの名言/格言

この世に強い人なんておらん,強くあろうとする人
おるのはそれだけ

 

バガボンドの名言/格言

目的のない稽古に人は耐えられん



 

バガボンドの名言/格言

いかにさやから抜かずにおくか,そのために我々は死にもの狂いで剣を振っとるのだ。

 

バガボンドの名言/格言

過去は過去,今日のお前は今日つくるんだよ

 

バガボンドの名言/格言

描けば描くほど、進めば進むほど、見えてくるのは足りないものだったりする。

 

バガボンドの名言/格言

努力して勝負して乗り越えて「やり遂げた」瞬間の喜びは何者にも代えがたい。だがその瞬間に次への一歩を踏み出すべき足はぬかるみにはまっていたりする

 

バガボンドの名言/格言

外からの力によって、ありようは完全に決められ、それでも水は水。どこまでも水。完全に自由 

 

バガボンドの名言/格言

強くなろうとあがくものが一人でもいると、何もしない自分がみじめだもんな

 

バガボンドの名言/格言

みんな同じなら見えないのに異質なものがいると浮かび上がってしまう。だから追い出そうとして、それができないとわかると、嘲笑い下に見て線引きして隔てる

 

バガボンドの名言/格言

自分だけのものと考えているなら命に価値はない

 

バガボンドの名言/格言

丈の高い草はあっという間に伸びて、その陰になる地を這う草は枯れる。そんなことはおかまいなしに上へ上へ

 

バガボンドの名言/格言

分を超えて受け取って、良いことはない

 

バガボンドの名言/格言

ありがたい。足りないものは何もない

 

バガボンドの名言/格言

刀はさやに納めるもの。どんなに切れる刀もさやがなくてはむき出しのままでは、出会う者みな敵になる。

 

バガボンドの名言/格言

負けた者だって人間だぞ。どこかで自分を肯定しなくては生きていけねえ。

 

バガボンドの名言/格言

ただ真っ直ぐに一本の道を進むのは美しい。じゃが普通はそうもいかぬもの。 迷い、間違い、回り道もする。それでええ。
振り返って御覧。あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、迷いに迷ったそなたの道はきっと誰よりも広がっとる。道が広がった分、おぬしは誰よりも人に優しくできる。

 

バガボンドの名言/格言

真理とはいつも、一見あたり前のよーなもの

 

バガボンドの名言/格言

道を究めたなら刀は抜くまでもないもの。そう師に教わったよ。いかに鞘から抜かずにおくか、その為に我々は死に物狂いで剣を振るっとるのだ。

 

バガボンドの名言/格言

心が凝り固まっていては見えないものも、力を抜いて素直に見るといろんな顔が現れてくるでしょ。心を開いて受け止めるなら、この世のすべては美しくてもともと。 

 

バガボンドの名言/格言

今日無数の命が生まれそれと同じだけ死んでいく。明日も明後日もその繰り返し。お前の命もそのひとつに過ぎぬ。

 

バガボンドの名言/格言

負け犬は負けを抱えてそれでも生きていくんだ。 

 

バガボンドの名言/格言

わしの経験から言えばその臆病さ。強い者ほど持っている。

 

バガボンドの名言/格言

休むとかえって調子が悪くなる。土に出て働いて、やっと人の毒が流れていく。恐れ、迷い、こいつらにはない人だけの毒。 

 

バガボンドの名言/格言

不安、弱さ、煩悩、恐れ、古よりそんな邪念を振り払うために人は滝に打たれてきた。そして水から上がる頃悟るのじゃ。あまり意味ないと。

 

バガボンドの名言/格言

天地自然に四季のあるように、人間の修行などもまた繰り返す四季の如し

created by Rinker
講談社
¥869 (2024/02/28 09:59:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

孤独を楽しむ力の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

孤独を楽しむ力の名言/格言

じっとその感情を否定しないで味わう。ああ自分は辛いんだ、自分はくるしんでいるんだと、その感情を否定しないで味わう 

 

孤独を楽しむ力の名言/格言

人を憎んでもいい、嫌いな人がいてもいい、と自分を受け入れると何かの心の束縛から解放された気分になる

 

孤独を楽しむ力の名言/格言

こうならなくちゃという枷をはずし、自分の本音はこういってるなーと敏感に察知する 

 

孤独を楽しむ力の名言/格言

合理性が高ければ、どんなこだわりも即座に捨て去ることができるのは、私の長所のひとつ

 

タモリの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

タモリの名言/格言

人間って『自分がいかに下らない人間か』ということを思い知ることで、スーッと楽にもなれるんじゃないかな 

 

タモリの名言/格言

初対面の人と上手く話す秘訣なんて無いんです。心構えとしては、初対面と思わない事じゃないですかねえ。この人はよく知っているんだ、仲良しだと思う事です

 

タモリの名言/格言

人生に勝敗なんてないし、どっちが良いとか悪いとか、そんな判定みたいなことなんてどうでもいいんだ。大切なこと、それは引きずらないことだ。乾杯すればそれで仲良し。やったことはすぐ忘れる。それが大事。人間なんて、そんなものだ。 

 

タモリの名言/格言

やりたいことが見つかんないって言うけども、当たり前じゃないですかね。やってみてでしょ。無駄なことばっかやってた方がいい。

 

タモリの名言/格言

やる気のある奴は なんかこう暑苦しいんだよ。
大体ね、やる気のある奴っていうのは中心しか見てないんだよね。
お笑いっていうのは、大体、周辺から面白いものが始まっているから
アレッ?が広がっていくもんだから。
やる気のある奴は真ん中しか見てない

 

ブッタとシッタカブッタの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

ブッタとシッタカブッタの名言/格言

いい学校やいい会社に入ろうとか
エラくなろうとかお金持ちになろうとか
カッコいい恋人を持とうとかカッコよくなりたいとか
そんな「目的」がおまえさんを追いこんでいくというのがわかるか?
夢や目的を持たない幸福な人生だってあるっていうのにさ"

 

ブッタとシッタカブッタの名言/格言

シッタカブッタは幸福をさがしに何年も歩いていたが
歩いても歩いても見つからなかった
シッタカブッタは休んで考えた
シッタカブッタは探すのをやめて
歩くことを楽しみはじめた
幸福は歩くことそのものにあった

 

ブッタとシッタカブッタの名言/格言

自分に起きている体験を白とか黒とか
いいとか悪いとか評価を入れないでただながめると
人生には見えてくるものがある

 

ブッタとシッタカブッタの名言/格言

誰々の息子や娘でなく 〇〇会社の社員でなく
兄や妹でなく 誰かの恋人でなく
社会というゲームの役割を
演じるのをやめてみようよ
誰でもない何者でもない
自分を感じてごらんよ
そこに<あなた>がいるから

 

ゲーテの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

ゲーテの名言/格言

何も出来ない日や時には、後になって楽しめないようなものを作ろうとするより、ぶらぶらして過ごしたり、寝て過ごす方がいい。

 

ゲーテの名言/格言

我々は高みに憧れるが、歩き出すことには無関心だ。山々を望みながら、平らな道を歩きたがる。

 

ゲーテの名言/格言

人が旅をするのは、到着するためではありません。それは旅が楽しいからなのです。

 

ゲーテの名言/格言

気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。

 

オードリーヘップバーンの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

オードリーヘップバーンの名言/格言

幸福のこんな定義を聞いたことがあります。「幸福とは、健康と物忘れの早さである」ですって!わたしが思いつきたかったくらいだわ。だって、それは真実だもの。 

 

オードリーヘップバーンの名言/格言

オランダにはこんなことわざがあります。「くよくよしてもしかたがない。どのみち予想したとおりにはならないのだから」本当にそう思うわ。 

 

オードリーヘップバーンの名言/格言

わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。

 

オードリーヘップバーンの名言/格言

どんな日であれ、その日をとことん楽しむこと。ありのままの一日。ありのままの人々。過去は、現在に感謝すべきだということをわたしに教えてくれたような気がします。未来を心配してばかりいたら、現在を思うさま楽しむゆとりが奪われてしまうわ。 

 

オードリーヘップバーンの名言/格言

これまでの人生で、テクニックに裏打ちされた自信を持ったことは一度もありません。でも、感性さえ磨いておけば、どんなことでもやってのけられるものです。 

 

オードリーヘップバーンの名言/格言

わたしを笑わせてくれる人をわたしは大事にしますわ。正直なところ、わたしは笑うことが何よりも好きなんだと思う。悩ましいことが沢山あっても笑うことで救われる。それって、人間にとって一番大事なことじゃないかしら。

 

オードリーヘップバーンの名言/格言

わたしはあまり多くを期待する人間ではないの。だからかしら、わたしはわたしが知るなかで誰よりも恨みつらみと無縁の人間よ。 

 

斎藤茂太の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

斎藤茂太の名言/格言

苦労から抜け出したいなら、肩の力を抜くことを覚えなさい。

 

斎藤茂太の名言/格言

楽観的になりたいなら、客観的になることだ。

 

斎藤茂太の名言/格言

世間からよく思われることよりも、自分が心からやりたいことを見つけ出すこと。そして、自分らしく生きていくことのほうがずっと大切であるということ。 

 

斎藤茂太の名言/格言

自分らしく生きられる場を探すのではなく、今、自分がいる場所で夢中になって生きてみましょう。そんな日々の積み重ねが、その人らしさを作っていくんだと思います。

 

斎藤茂太の名言/格言

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。 

 

斎藤茂太の名言/格言

「今はできない」を、「絶対できない」と間違えないように。

 

斎藤茂太の名言/格言

できるだけたくさんの本を読み、美しいものに触れ、思いやりを持って人に接する。当たり前のことを言っていると思うでしょうが、そういうことの積み重ねが、本当に人を美しくするんです。九十年も世の中を観察してきた僕が言うんだから、間違いない。

 

美輪明宏の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

美輪明宏の名言/格言

本物を探し求めなさい。傍観者には楽しみ・感激・達成感は生まれない。行動あるのみ。実行している人だけが感動に巡り会える。本物を見て聞いているうちに、必ず自分の中に変化が生まれる。何かしたい、という欲が必ず生まれるわよ 

 

美輪明宏の名言/格言

野に咲く花にも役目があります。この世に必要でない人はいません。それに気付くかどうか。それが大事なのです。

 

美輪明宏の名言/格言

清き川に清き水は流れる。心が美しい人と付き合いたければ、まず自分の心を磨くこと。

 

美輪明宏の名言/格言

自分に思いやりが足りない人ほど相手に思いやりを求める。自分の言葉が相手を傷つけていないか、まず反省してみる事。

 

美輪明宏の名言/格言

辛い思いはすべてプラスになる。苦しかったこと、悲しかったことが、いつか必ず花開く時が来る。辛いこと、悲しいことは幸せになるための必要事項。花開き、実を結ぶときに辞めてしまってはいけない。

 

美輪明宏の名言/格言

似たもの同士がいがみ合うのは、自分の欠点を相手に見つけるから。親子でも、感謝の気持ちを忘れず、自然体で付き合えば楽になる。

 

星野源の心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

星野源の名言/格言

人間はどんな状態であろうと、その中で幸せを無理矢理にでも探し出し、それを糧に生きてゆく 

 

星野源の名言/格言

自分の体を傷つけずにおれない人や、人を陥れることを生業としている人だって、それはある部分で幸せを追求しているはずだ

 

星野源の名言/格言

全ての人に平等に課せられているものは、いずれ訪れる『死』と、それまで延々とつづく『生活』だけなのである

 

星野源の名言/格言

多分お金さえかければできると思うんですよ。自分はそれよりも、限られた条件の中で何ができるか?っていうことに興味があるんです 

 

星野源の名言/格言

僕、芝居も文章も下手だったんです。でもすごく好きでやりたいものってあるじゃないですか。最初から何でもできる人なんていないから、『出来ないからこそやらなきゃだめじゃん!』って思って。だから役者も文章も、一人で勝手に続けていたんですよ

 

星野源の名言/格言

人は、どれだけ勉強してもどれだけ物知りでも、『知らない』ことがなくなることはないと思います。様々な『終わり』が襲ってくるこの世の中で、それはいつまでも新鮮に生きていられる、希望のようなものでもあると思います

 

星野源の名言/格言

中身が変わることによってその人が変わるでしょ。で、その人が変わると、ブサイクだとしてもブサイクの顔が良いっていう認識にみんななる。

 

星野源の名言/格言

みなさん、楽しく、くだらなく、真面目に今日もやっていきましょう

 

ヘレンケラーの心が楽になるほっとする短い言葉/名言/格言

ヘレンケラーの名言/格言

世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。

 

ヘレンケラーの名言/格言

もしもこの世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。

 

ヘレンケラーの名言/格言

目に見えるものは移ろいやすいけれど、目に見えないものは永遠に変わりません。

 

ヘレンケラーの名言/格言

闇と沈黙の中でさえ、すべてのものは、驚嘆すべきものを持っています。私はどんな状況にあっても、その中に充足があることを学んでいます。

 

ヘレンケラーの名言/格言

ひとつの幸せのドアが閉じる時、もうひとつのドアが開く。しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない。

 



↓↓よろしければ応援お願いします!↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

よく読まれている記事

1

楽天モバイル、ahamo、LINEMOと様々なキャリアを使ってきました。世間的には格安スマホと一括りにしてしまいがちです ...

2

今回は【30代と40代、人生に飽きた人に送る】名言/言葉です。人生に飽きたと思うのは異常ではありません。きっと真剣に「生 ...

3

今回は「漫画/アニメ」の名言/格言です。「漫画やアニメばかり見てないで、本を読みなさい」なんて子供の頃には言われたもんで ...

4

今回は「心が楽になるほっとする言葉」です。無性に心が疲れた時、生きているのがしんどくなることってありませんか?具体的な何 ...

5

カスタマーサクセスは『激務』『辛い』『大変』なんて言われていますが、実際のところどうなんでしょうか?「顧客の成功を支援す ...

6

思わずクスッとしてしまう【頭に残る面白い】短い名言/一言|人生を豊かにするために、自分をもっと知るための言葉 私が本や日 ...

-人生の名言, 感情の名言, 本/言葉/人生
-,